部屋の空間を広げよう!忙しい育児ママでも“汚部屋”を解消!



育児ママの汚部屋解消!!頭の中を整理し片付いた部屋をイメージする

 

毎日子育てに忙しい育児ママ、お部屋の片づけが苦手だといつの間にか部屋に
荷物が溜まり汚部屋に・・・

 

お部屋になる原因は片づけが苦手な人が多いのです。
独身の時は荷物も少なくお部屋の空間が多く結婚してから夫婦で暮らしていたときは
物も少なく、テーブルの上や床に物が置きっぱなになっていなかったと思うのですが
子供が生まれてから育児や家事と毎日大変で部屋の中がすぐに散らかってしまいます。

 

子供がいると、子育てで寝る時間も食べる時間もバラバラ、近い将来仕事復帰に向けて
準備するにしても仕事と子育て家事・育児を考えると不安になるのではないのでしょうか?

 

 

子育てママが汚部屋の解消と汚部屋を防ぐヒント!

 

育児と家事に忙しいと部屋の片づけが後回しになりテーブルの上、部屋のあちらこちらに
いろんな物が散乱してきます。
最初は気になり片づける事ができるのですがだんだん慣れてしまい物が散らかっていたり
服が脱ぎ捨ててそのままになっていても気にならなくなります。

これが汚部屋になる第1歩なのです。
部屋が片付いていない状態が毎日続くと脳が麻痺しい、片づける意欲が欠けてしまいます。
そして家の中で落ち着くことができずリラックスも困難になり疲れが取れないまま・・・・・・

 

汚部屋からの脱出!部屋に空間を作りましょう

部屋に物が散らかって溢れている状態でしたら「片付いていない物」を一箇所に集めましょう。
1つの部屋から片づけていくのです。

 

まず、一部屋から足の踏み場を確保。床の下に落ちているのを速やかにまとめ一箇所に集め

「ケースと中身がバラバラに散乱しているCDやDVDやCD-R」、
「ペットボトル」「空き缶」
「化粧品の類(コットンや海綿なども含む)」、
「脱ぎっ放しの上着や下着や使用済みタオルなど」
「コミック、雑誌、新聞などの“紙類”」

 

不燃物・可燃物など45リットル袋に放り込んでいく。紙類は段ボール箱に入れるダンボールに
入れるのが面倒であれば45リットル袋に入れる。

毎日使うことのない布団や毛布は圧縮袋に入れ押入れの中へ
とにかく床の上下に散乱している物を袋の中に放り込みましょう。

 

 

これでお部屋の中に空間が生まれます。そしたらすぐに掃除機でお部屋の掃除。

 

食器棚・本棚・その他の収納物の中に「目的以外の物が入っていませんか」
「本来入れるべきものではないのに無造作に突っ込まれているモノ」を引っ張り出して
分別しましょう。

 

できれば1棚づつ順番に片づけていきます。全部一度に片づけるのは気がめいり大変です。
1棚づつ片づけて綺麗に整頓できるので次も綺麗に生理整頓と意欲がわきます。

 

掃除機で吸えないホコリ汚れは雑巾か布で拭き取りましょう。汚れた布はゴミとして
捨ててしまいます。それの方が衛生的です。

 

部屋を汚したくない綺麗なままの部屋の維持

 

お部屋に散らかっていた物をごみ袋に放り込んでどれぐらいの袋になったでしょう。
多い場合45リットル袋で何十となります。

 

改めてゴミの数を数えたらもう部屋を汚したくないと思うのではないでしょうか?
これだけのゴミの中で生活していたと思うと「ぞっと」すると思います。

 

物はできるだけ捨てましょう。「もったいない」と思う気持ちが汚部屋を
作り出すのです。
部屋を綺麗に維持できていれば、そのうちに「どれが必要でどれが不必要」かが
分かってきます。

子育て中のママも一旦、部屋の片付け方法が分かれば部屋が整理され
綺麗な部屋を維持することができます。

 

子供が物を散らかしたら後をつけてその都度、片づけていけば部屋は
散らかりません。

 

伴侶である夫が奥さんが子育て中だから部屋が汚れも仕方ないと思っても
仕事から帰って部屋が汚れていれば疲れが取れないしリラックスできません。
口に出して「部屋をもっと片づけろ」などと言うと夫婦喧嘩の原因に・・・・・

 

我慢し続ければ、家に帰るのが遅くなったり最悪の場合は家に帰りたくないので
浮気に走ったりと・・・・

 

お部屋が綺麗に維持され笑顔で食事!
良い家庭が構築されます。

 

大分での不用品処分はお任せください。

上記のようにお部屋を1人で片づける事ができない場合、お部屋の片付けのプロにお任せ
下さい。

一人で片づけるより部屋に散らかった物を短時間で片付ける事ができます。
また、汚部屋に戻らないアドバイスも受ける事ができます。

 

不用品回収についてのお問い合わせ、ご相談は、フリーダイヤルにてお気軽にどうぞ。 大分 不用品回収,大分不用品処分 お問合せフォーム