田舎の実家の片づけは突然やってくる!


実家の片づけは突然やってくる!

大分 不用品片付け、実家の片付け、生前整理 大分、大分 不用品処分、

両親もしくは父親もしくは母親のどちらかが住み、あなたが生まれ育った実家
しかし、そんな実家も親が介護施設・老人ホームに入ったり亡くなったりしてしまえば
やがて住む者がいなくなる日がやってきます。
その時、どうするかお考えでしょうか?

 

・実家の片づけは突然に!
・田舎の実家は物が多い!
・高年齢の親は整理・整頓ができない!
・親は物を処分したがらない!
・勝手わからぬ田舎の実家!
・兄弟姉妹の同意も必要!

 

地方で生まれ育ち、都会に移り住んだ者にとって、実家をどうするかは頭の痛い
問題です。
住む者がなくなった時、家を処分するのか?それとも実家に戻って暮らすのか?
いずれの選択をするにせよ、その時に迫られるのが「田舎の実家の片付け」です。

 

実家の片づけは突然に

実家の片づけは両親が健在の時に生前整理をするのが理想的ですが
片親が亡くなった段階で実家の片付けをする必要が生じてきます。

 

片親が残された場合、兄弟姉妹の誰かが同居していれば別ですが
残された親を一人で暮らせるかどうかが問題になります。

仮に一人暮らしが困難なら、子供が引取って同居するか、実家に子供が戻って
同居するかあるいは介護施設・老人ホームや高年齢者専用のケア付き住宅に
入居させなければなりません。

 

どちらにしても実家の片づけが必要になってきます。
まだ元気なので当面は一人暮らしをするとしても高年齢者はちょっとした
トラブルが元で一人暮らしができなくなる事は珍しくありません。
田舎の実家の片づけは、いつ必要に迫られても不思議ではありません。
準備が整っていないのに「ある日突然」必要に迫られることがあります。

 

田舎の実家は物が多い

実家の片付け、実家の片づけ、片付け 業者 大分、不用品処分 大分

田舎の実家に帰省した時に押入れ、納屋、物入れを覗いた事があると思いますが
こんな物どうして取って置くの?とあきれた事はありませんか?

 

戦中・戦後に生まれ育った人は「まだ使える」「捨てるのはもったいない」「思い出がある」
と使わないものでも捨てられないのです。
そして「家中がモノであふれかえている」のです。

 

「モノが多ければ多いほど」片づけ作業の負担は増すことになります。

 

高年齢の親は整理・整頓ができない

親が高年齢の場合、モノが多いだけでなく整理・整頓がされていないのが
一般てきです。

 

古いモノは手の届かない場所に、比較的新しいモノは手近な場所に無造作に
置きっぱなしになっています。
こうなると「どこに、なにが」あるのかが分かりません。
とんでもない場所から新品の布団や品物がでてくる事は珍しくありません。

 

親は物を処分したがらない

親の片付け、大分 不用品片付け、実家の片付け、生前整理 大分、大分 不用品処分、

子供が親の物を捨てようとすると必ずと言っていいほど「ストップ」がかかり
意見が対立します。
賞味期限の切れた食品を捨てようとすると「ストップ」がかかります。
子供から見たら不用なものであっても親からすると必要なものなのです。

 

親の意見を尊重して処分しないでそのままにして置くと片づけは進みません。
親を説得するの為には多くの時間を必要とします。

 

勝手わからぬ田舎の実家

大分 不用品処分、大分 不用品回収、実家の片づけ、実家の片付け、

片づけをスムーズに進めるためには「どこに」「なにが」あり何が不要なのかを
決める必要がありますが実家に親と一緒に住んでいなければ
把握するのは不可能です。

 

遺産相続で揉める原因を作りかねません。

 

兄弟姉妹の同意も必要

田舎の実家を片づけをする上で親・兄弟姉妹の同意が必要となります。
「片づけを手伝ってくれるのか?それとも任してくれるのか?その場合の経費の負担は?」
責任と義務の分担をめぐる合意形成です。

 

片づけを自分たちで作業するにせよ、不用品処分業者に依頼するにせよ
応分の経費が必要となりますから兄弟姉妹にどの程度、負担をしてもらえるのか
予め了解を得ることも必要になります。

 

不用品1点でもすぐに回収にお伺いいたします。・・・単品回収処分

不用品を複数・まとめて処分するなら、安心の定額パックを

 

大分 生前整理、実家の片付け 大分へのご相談はお気軽にどうぞ大分 生前整理、実家の片付け大分 お問合せフォーム