実家の片づけ 生前整理・不用品の処分


親の家の片付け 生前整理・不用品の処分

いつかは、しなければならない実家の片付け

大分 生前整理 実家の処分 実家の片付け

現在、人口の4人に一人が65歳以上の高年齢者です。
2050年には3人に一人にまで膨れ上がるとされています。そのような状況の中、両親の片づけに悩んでいる多くの世代は40代後半から50代です。
高年齢化社会にともない今後、その数はますます増加していきます。

 

 

悲しいことですが人には必ず死が訪れます。
一般には子供より親の方が先にというのが普通です。

 

生前整理のススメ

 

親が亡くなったあと、残された家族は葬儀を終えると、遺品整理を余儀なくされます。
親が溜め込んだ多くのモノを見て驚く人は少なくありません。
残されたご家族が暮らしながら、時間をかけ少しずつ片付けていける方はよいのですが
離れた地で暮らしている場合には、家の処分のためすぐに全て片付けを要する必要に迫られるケースも多いです。
又、高齢者の方だけで暮らしていた場合は、家の中がかなり傷んでいたり、汚れている場合も多く、それら周辺を処分、清掃しなければならなくなると思います。
業者へまとめて処分してもらうとなると、量が多くなるのでどうしても費用が大きくなります。

 

 

生前整理のススメ-問題-

 

遺品整理ではなく両親がご健在の間に「生前整理」をオススメしています。
しかし、親も処分整理しなければいけないと思っていますが「思い出」が捨てられない、「まだ使える」となかなかスムーズに片づけが進みません。

高年齢者の多くは「もったいない」「いつか使うかもしれないからとりあえず保管」
「思い出が詰ま大分 生前整理、実家の片付け、 実家の処分っているから捨てられない」とモノに対して特に執着が強いのです。
顔を見るたび捨てろ、捨てろと言われるとしまいには怒ってしまい険悪な関係になってしまうこともあると思います。弊社でもお客様からよく質問されることですが、どうしたら冷静に片付けてもらうことができるか、できるだけご両親の心を傷つけることのない言い方や方法もをあとで説明したいと思います。

 

残された家族に迷惑をかけない困らないように「生前整理」をされる
高年齢者も増えてきています。

実際、生前整理(ご実家の片付け)を弊社へご依頼いただいたお客様のケースです。
 ・ご実家を賃貸にされるので、家の中、納屋、庭の物は一切空にしなければならない。
 ・自分が介護施設に入居するので、家、納屋の物を片付けたい。
 ・奥様が入院したので、自分は他県の子供の家に行くために、家は処分するので片付けたい。
 ・2世帯住宅になるので、今のうちに昔の物は片付けたい。
 ・少しでも元気なうちにプロの方に相談しながら冷静に片付けたかった。

特に親と離れて暮らしている場合は、過去の自分達の残した物から現在までの物を見ることになるのでで、その量に特に驚きます。
昔はきれいに掃除整頓していた親の散らかった家を見て、ショックを覚える方もいらっしゃいます。
部屋には一見そんなに物がないようでも、押し入れ、台所等の収納場所からはぎゅうぎゅうに詰め込まれた物であふれ出てくると思います。
引越しを経験した事のある人は、どうしてこんなにいらない物まであるのだろうと思った事があるはずです。

 

物品!実家の片付け方

  • 貴重品
  • 仏壇・神棚
  • 家電・家具
  • 衣服・小物類
  • 危険物・医療品
  • 介護用品
  • ペット

など等、早めの片づけをオススメします。

 

実家の片づけは突然やってくる

 

弊社では、実家の片付け等片付け処分についてのご相談もお受けしています。

大分 生前整理、実家の片付け 大分へのご相談はお気軽にどうぞ大分 生前整理、実家の片付け大分 お問合せフォーム

シスピット:大分での実家の片づけ対応エリア

大分市 | 別府市 | 中津市 | 日田市 | 佐伯市 |臼杵市 | 津久見市 | 竹田市 | 豊後高田市 |

杵築市 | 宇佐市 | 豊後大野市 | 由布市 |国東市 | 東国東郡姫島村 | 速見郡日出町 |

玖珠郡九重町 | 玖珠町 |