自動車リサイクルの現状!


日本の自動車リサイクルの現状!


毎年、500万台が廃車されています。
日本国内で環境問題や資源問題に対する意識が高まっている
今こそ自動車業界全体の問題として、積極的な対応が求められています。

廃車を「リサイクル・パーツ」として、もっと活用し再資源として生かしていくべきだと思います。

 

アメリカと日本の自動車リサイクル率を比較してみれば
日本のリサイクルパーツの使用率3%
アメリカのリサイクルパーツ使用率40%
日本のリサイクルパーツの使用率が極端に低水準です。
リサイクルパーツとは、廃車された自動車から使える部分を選別、ドアパネル・ライト・ドライブシャフト・
エンジン・コンプレッサー・サスペンションなど。
自動車整備工場・個人で修理される方などに需要があります。
自動車を廃車してもこのようにリサイクルパーツとして再利用され環境問題・資源問題の改善に
貢献することができるのです。

自動車の廃車はお任せください。
廃車依頼
不要になったお車を無料で引取に伺います。
査定依頼
低走行、自走車は高く買い取ります。